歯科の種類や歯科の治療法を知り健やかな歯を手に入れる

全身への影響

歯と健康な体は深く関係しています。

歯が不健康であったり噛み合わせが悪いなどで出てくる様々な障害は実に多く、虫歯や歯周病が原因で心臓病をはじめ呼吸器系疾患や糖尿病の発症率が高くなる、空気抜けて話しづらくなる、食べ物が上手く咀嚼できずに胃腸などの消化器官に負担をかける、顎の関節への負担が大きくなり顎関節症になりやすくなる、噛み合わせの悪さから頭痛や肩こり、腰痛、アゴや骨格がズレて顔がゆがむなどの症状を発症します。 このように健康そして美容のためにも歯を健康に保つことが非常に大切です。 それでは歯を健康に保つための方法について説明します。 まず口の2大疾患である虫歯と歯周病を予防する方法です。虫歯と歯周病の原因は歯垢ですので、毎食後にフロスや歯磨きでのケアを念入りにすることが最大の予防方法です。

次に噛み合わせの問題について説明します。

噛み合わせが悪いというのは歯並びが悪いということになります。歯並びが悪いと歯垢がたまりやすく先ほど述べた虫歯や歯周病になりやすい傾向にあります。 したがってかみ合わせを正常にすることは虫歯や歯周病予防、そのほかの健康や美容にも繋がっていきます。 正しい噛み合わせにする方法として最もメジャーな治療方法が矯正です。主な矯正方法は表側矯正・裏側矯正・マウスピース矯正などがありますが、最近は見えない矯正の裏側矯正が日本のみならず海外でも人気です。 裏側矯正にかかる費用は、口唇口蓋裂や外科治療が必要がある場合に保険の適応がされますが、それ以外は自費になります。 上下療法の矯正で100万円〜150万円が裏側矯正の平均的な費用になっています。