歯科の種類や歯科の治療法を知り健やかな歯を手に入れる

歯科技工所とは

歯科技工所とはどのような場所か

歯科技工所とは耳慣れない言葉ですが、歯科技工士の国家資格を持つスタッフが、 歯科の技工物を作成する場所のことです。 虫歯になって、銀歯を作る場合には、まず歯科医院で削った上で歯型を取ります。 その歯型から歯の模型を石膏で作ります。 石膏は歯科技工所に運ばれて、銀歯を作成し、また歯科医院に戻ってきます。 入れ歯や白いセラミックのかぶせものなど、歯に関する技工物は全て歯科技工所で作られます。 歯科医院に隣接している他に、離れている場所にもあり、 たくさんの人のお口の健康を取り戻す手伝いをしています。 直接患者さんと話す機会はありませんが、噛みやすいだけでなく、 見た目もきれいな技工物を作ってくれるのは歯科技工士のお蔭です。

歯科技工所で作られるものには何があるか

歯科技工所は全国にあり、国家資格である歯科技工士が日夜歯科の技工物の作成にあたっています。 歯科技工物とは、虫歯になってしまった時に作られる銀歯や、ブリッジ、差し歯などです。 歯科医院で取った歯型は歯科技工所へ運ばれ、患者さんごとにオーダーメードで作られています。 歯がなくなった場合の入れ歯も、歯科技工所で作られます。 また、矯正の装置や、インプラントのかぶせものなども作られています。 歯科の治療をする上では欠かすことのできない存在であると言えます。 ケガなどで失ってしまった歯を元通りにするようなケースでは、 患者さんと歯科技工士が直接話して、歯の形や色を決定することがあります。 普段はなかなか患者さんとは会う機会が少ないですが、とても重要な仕事をする場所です。